離婚・不倫の慰謝料 無料相談会

  • 離婚を考えているけれど何から手を付けたらいいのか分からない・・・
  • お互いに離婚には納得しているけれど親権や養育費・財産分与についての話が進まない・・・
  • 夫が不倫しているのに、離婚してくれない・・・
  • 夫が怖くて離婚を切り出せない・・・
  • 妻が子どもを連れて出て行ってしまった・・・

このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんでしょうか?

離婚・慰謝料の問題について、法律相談から交渉、そして裁判までワンストップでサポートできるのは弁護士だけです。
もし離婚・慰謝料の問題問題でお悩みになられていることがございましたら、お気軽にご参加下さい。

相談担当弁護士

 

 

あい法律事務所
弁護士 山口 恭平(Yamaguchi Kyohei)

法政大学法律学科卒業後、早稲田大学大学院法務研究科に進学。卒業後、平成26年に弁護士登録。同年のぞみ総合法律事務所入所。
平成29年にあい法律事務所入所。平成30年同事務所にてパートナー就任し現在に至る。

 

 

何を相談したらいいのか分からない、という状態でも相談してもいいのでしょうか?

もちろん、問題ありません。

ネットにはたくさんの情報があふれていて、逆に混乱してしまうかもしれません。

相談者様によって、重点を置いて考えるべきことは違います。

相談者様の事情に沿って、何を考える必要があるのか、どのような注意点があるのかをお話しいたします。

養育費を、過去に遡ってもらうことはできますか?

調停調書などの⽂書が作成済か否かで異なります。これから調停を起こして過去の養育費を請求しようという場合、つまりまだ調停調書などの⽂書が作成される前の場合には、過去の養育費について遡ることは認められていないのが現状です。したがって、まだ公的⽂書を作成していない⽅については、早急に調停の申し⽴てなどをする必要があります。他⽅で、調停調書や公正証書などの⽂書が作成された後の養育費であれば、過去に遡って請求できます。

 

キッズスペース完備~お子さま連れでも安心してお越しください~

 

  • 法律事務所って敷居が高い
  • 子どもを預けられないから相談に行けない

そんなお声をよくいただきます。私たちは、皆さまにとって身近な法律事務所であるために、ご相談しやすい環境を目指しています。当事務所では、小さなお子様をお抱えになられている方が、より相談に専念できる環境を考え、

小さなお子様や長期休み中の小学生のおられる方にも、お気軽にご相談いただけるよう、

事務所内にお子様が安心して遊ぶことができるキッズスペースをご用意しております。

 

 

相談会申し込み

①電話でのご予約

087-832-0550 までおかけください。

【電話受付時間】 平日 9時~18時

※土日は、お電話での受付を行っておりません。
土日のお問い合わせは、LINE もしくは下記フォームからお願いします。)

リーガルスタッフがご相談者様の氏名・電話番号・ご相談内容などをお聞きします。なお、リーガルスタッフがお電話をお受けした場合、弁護士がご相談内容の確認のため、再度お電話をさせていただくことがあります。

弁護士のスケジュールを確認・調整し、ご相談者様ともお話をさせていただきながら、ご相談日時を確定します。

ご相談予約完了

②予約フォーム

お名前*

(例:山田 太郎)
お名前 (カナ)

(例:ヤマダ タロウ)
Eメール

(例:xxxxxx@xx.xx)
住所

(例:○○県○○市○○町 ○○)
電話番号*

(例:00-0000-0000)
ご確認
ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?

今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

③LINEによる相談予約

弊所では、ご依頼者の方々からもご要望を受け、LINEによる相談予約を受け付けております。
法律相談の予約を希望される方は、下記のLINE@アカウントをご登録の上、必要事項をメッセージにてお送りください。
お気軽にご連絡ください!

【LINE@ ID】:tfe9973n     【QRコード】:

 

 

 

 

087-832-0550受付 平日9:00~19:00あい法律事務所(香川県弁護士会所属) 最寄り駅:琴電/瓦町駅 JR/栗林公園北口駅

この記事の執筆者

弁護士山口恭平

あい法律事務所

弁護士

山口 恭平(Yamaguchi Kyohei)

取扱分野

家事案件(離婚・男女問題、相続)

経歴

法政大学法律学科卒業後、早稲田大学大学院法務研究科に進学。卒業後、平成26年に弁護士登録。同年のぞみ総合法律事務所入所。平成29年にあい法律事務所入所。平成30年同事務所にてパートナー就任し現在に至る。