解決事例3 離婚後の経済的生活を重視して離婚を成立させた事例(協議)

 

・依頼者 性別(妻) 年齢(30代) 職業 主婦

 

 

・相手方 性別(夫) 年齢(30代) 職業 会社員

 

 

・離婚に至る原因 相手方の不倫

 

 

・争点 

 

 

・ご依頼の背景

夫の浮気で別居中だった奥様からの相談でした。

 

 

・解決のポイント

ご相談者様は「親権がとれれば、お金にはこだわらない」と仰っていましたが、お子様の将来のことも考えて、親権だけでなく財産分与・慰謝料についても適正額を請求すべきであることをお伝えし、相当額を獲得しました。また、夫の性格上、養育費の支払いに懸念がありましたので公正証書を作成いたしました。

 

・重視したこと

「早期解決」に加え「離婚後の生活にとってお金が大切であること」や「和解に実効性を持たせること」などご相談者様の利益を総合的に考慮し、奥様の思いを丁寧にお聞きした上で解決への道筋を提案させていただきました。

087-832-0550受付 平日9:00~19:00あい法律事務所(香川県弁護士会所属) 最寄り駅:琴電/瓦町駅 JR/栗林公園北口駅