離婚に向けて別居をお考えの方へ

 

相談者「毎日のように、夫に、罵られています。

夫の顔を見ると動悸がするようになって、今では、同じ空間にいるだけでお腹が痛くて吐き気もします。

今の状態が、これ以上、続いたら、おかしくなってしまいます。まだ幼稚園と小学生の子どもがいるのに、私が倒れるわけにはいきません。どうしたらいいでしょうか?」

 

弁護士「それは、とてもツライ状況ですね。

相談者さんの状況からすると、とにかく同居状態を解消して、気持ちの安定を優先する必要がありそうですね。

別居を考えたことはありますか?

 

相談者「あります。
でも、別居しようと考えても不安の方でいっぱいになってしまって、これまで行動に移すことはありませんでした。」

 

弁護士「そうでしたか。では、どんなことが不安なのか、一緒にひとつひとつ考えていきましょう。
別居するとした場合、実家を頼ることは出来ますか?

       
相談者「実家には弟夫婦が住んでいて頼りづらいです。」

 

弁護士「そうですか。
経済的状況を考えると、家賃の負担はなるべく発生しないようにできたらと思うのですが。

相談者さんは、パートで月に10万円ほどの収入があるんでしたよね。

ご主人の収入が600万円程度ですと、婚姻費用として12万円くらいは期待できますね。

婚姻費用というのは、別居中でも、ご主人に請求できる生活費のことです。

ということは、月22万円くらいの収入で生活していくということになりそうですね。」

相談者「夫が、素直に毎月婚姻費用を払ってくれるとは思えないのですが・・・。」

 

弁護士「その可能性が高いのであれば、婚姻費用の分担調停を申し立てましょう

ご主人は会社員で勤続期間も長いのでちゃんと払ってくれる可能性が高いといえます。

婚姻費用の調停だと調停成立までに数か月かかってしまうこともあります。

その間の生活費がないという場合には、婚姻費用の分担を求める仮処分も申し立てましょう。

相談者「調停をしたり、勝手に出て行ったりしたら、怒って、怒鳴り込んできそうで怖いです・・・。」

 

弁護士「住所を相手に知らせずに別居をするということも考えられます

また、相談者さんの方で弁護士をたててしまえば、すべてのやり取りは弁護士がしますので、別居後、ご主人と話したり顔を合わせたりせずに済みますよ。

弁護士から本人に直接接触しないようにという警告はしますが、それでも家まで押しかけて来てしまったという場合には、すぐに110番をしてください。」

相談者「別居できそうな気がしてきました。別居に向けて先生に協力してもらえますか?」

 

弁護士「もちろんです。一日でも早く平穏な日常が取り戻せるように迅速に準備していきましょう。

では、一時的でも実家に身を寄せることができないか、お子さんたちの心情面のフォローをどのようにしていくか、別居まで準備しておかなければならないこと等について、検討していきましょう。」

087-832-0550受付 平日9:00~19:00あい法律事務所(香川県弁護士会所属) 最寄り駅:琴電/瓦町駅 JR/栗林公園北口駅