解決事例7 医師の不貞の慰謝料請求において250万円を獲得した事例

 

・相談者 夫           年齢30代  職業 サラリーマン

・相手方 相談者の妻の不倫相手  年齢30代  職業 医師

 

・ご依頼の想い

妻は看護師をしている。職場での関係を利用して妻を誘惑した相手方は許せない。

ただ、妻の職場での立場もあるので大事にしたくないし、時間もかけたくない。

 

・解決内容

  1. 相手方は慰謝料として250万円を支払うこと。
  2. 相手方は、妻に対しする求償権を放棄する。
  3. 不倫の事実の口外の禁止
  4. 職務上必要な場合以外の接触の禁止
  5. 違約金

 

・解決までの期間

1月以内

 

 

※求償権

不倫の場合、慰謝料は不倫の相手方だけではなく不倫をしたパートナーも一緒に責任を負うことになります。たとえば、不倫の相手方から200万円を獲得した場合、不倫の相手から不倫をしたパートナーに対して200万円の半分の100万円の支払いを請求される(←これを求償といいます。)ことがあるのです。求償権の放棄とは、相手方に対して不倫をしたパートナーには何も請求しないことを明らかにさせるものです。

087-832-0550受付 平日9:00~19:00あい法律事務所(香川県弁護士会所属) 最寄り駅:琴電/瓦町駅 JR/栗林公園北口駅